ファミリーキャンプにはユニフレームのクッカーセットがおすすめ!ライスクッカーが秀逸!【fan5 Duo】

※ 当ページリンクには広告が含まれています
※ 当ページリンクには広告が含まれています

キャンプ初心者にもおすすめなクッカー5点セット

こんにちは!

収納大好きキャンパーのpamapampです😊

突然ですが、皆さん、キャンプの時はどんな調理器具を使っていますか?

我が家はUNIFLAME(ユニフレーム)「fun5 Duo」を愛用しています!

筆者撮影:UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」
  1. ステンレス大鍋 (φ215×125mm・4.3L・ステンレス鋼)
  2. ステンレス片手鍋 (φ175×77mm・1.8L・ステンレス鋼
  3. ライスクッカー (φ165×93mm・1.8L(1~3合炊)・アルミニウム(スミフロン加工))
  4. メッシュバスケット (φ200×110mm・ステンレス鋼)
  5. フライパン (φ210×52mm・アルミニウム(スミフロン加工))

上記の5点セットです😊

筆者撮影:UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」
筆者撮影:UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」

「fan5」シリーズは2種類のサイズ展開になっていて、2〜3人用の「fan5 Duo」と、4〜5人用の「fan5 DX」があり、我が家は2〜3人用の「fan5 Duo」を使用しています

2〜3人用とありますが、我が家(4人家族)は子供がまだ小さいので、こちらのサイズで間に合ってます😊

子供が大きい方や、グループキャンプの機会が多いなど、もっと容量が必要な方は「fan5 DX」もオススメです😊⬇︎

ユニフレーム(UNIFLAME)
¥15,900 (2024/07/11 18:42時点 | Amazon調べ)

それでは、詳しくご紹介していきますね✨

UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」を購入した決め手

ユニフレームからだけでなく、各社からもクッカーセットって販売されていますよね!

それではなぜユニフレームのクッカーセットを選んだのかというと‥

「ライスクッカー」の評判が抜群に良かったからです!

それまでは飯盒でご飯を炊いていましたが、逆さまにする必要があったりと、少し面倒に感じていたので、「簡単」で「美味しく炊ける」ライスクッカーを探していました。

毎回と言っていいくらい、ご飯は炊く機会が多いので、ストレスなくご飯が炊けたらいいですよね。

実際、時間や火加減など厳密に守れなくても、美味しいご飯が炊けてます😊

スタッキングできて便利!

筆者撮影:UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」
筆者撮影:UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」 

とにかくコンパクトに収納することが大好きな筆者にとって、スタッキングができて、スッキリまとまる点も大のお気に入り✨

フライパンの持ち手を外したり、蓋を逆さ向きにして収納するなど、少しのコツはありますが、使っていればすぐになれます!

セット外ではありますが、サイズによってはケトルも収納することができますよ😊⬇︎

筆者撮影:UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」&山ケトル

ちなみに、すっぽりとはまっているこちらのケトルはコチラ⬇︎

我が家の使い方紹介

ステンレス大鍋

筆者撮影:UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」 ステンレス大鍋

大きさもしっかりあるステンレス大鍋は、カレーやおでんにぴったりのサイズ感✨

冬のキャンプはささっと簡単に鍋物で済ますことも多いので、重宝します😊

ちなみに、キャンプおでんの時短技はこちら⬇︎

ネットでも美味しいおでんダネが販売されているので、こだわったおでんを作りたい方は、利用するのもありです✨

ステンレス片手鍋

筆者撮影:UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」 ステンレス片手鍋

こちらはささっとスープなどを作ったり、茹で物にピッタリ✨

持ち手は鍋に沿って収納できる仕様になっています。

ライスクッカー

筆者撮影:UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」 ライスクッカー

おそらく、我が家で一番大活躍しているのがこのライスクッカーと言っても過言ではないくらい、このライスクッカーにはお世話になっています‼︎

3合まで炊けるので、4人家族にも十分な量です。

もう何年も使っていますが、1度も失敗したことはないのではないでしょうか!?

それくらい簡単に美味しいご飯が炊けます😊

⚠️焦げを「おこげ」ととらえるか、「焦がした」とととらえるかは本人次第です(笑)

こびりつきもないのもお気に入りのポイントです✨

メッシュバスケット

筆者撮影:UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」 メッシュバスケット

茹でた麺のお湯をきったり、洗った野菜の水をきったりします。

筆者撮影:UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」 メッシュバスケット

底に少し高さがあるので、置く時も安心です😊

フライパン

筆者撮影:UNIFLAME(ユニフレーム)の「fun5 Duo」 フライパン

こちらは直径21cmの、やや小さめのフライパンになります。

ガイド通り、2〜3人用にはちょうどいいのかもしれませんが、我が家は4人家族ですので、メインを作るにはやや小さめです。

なので、我が家はアヒージョや、BBQプラス一品増やしたい時などに重宝しています😊

クッカーセットがあれば、キャンプ飯の幅も広がる!

いかがでしたでしょうか?

キャンプと言えばBBQ!というイメージがあり、私自身も大好きなのですが、連泊する時などは料理のテイストを変えたくなりますよね。

そんな時に、クッカーセットは大活躍しますよ😊

これからキャンプを始める方にも、クッカーセットを検討している方にも、少しでもお役に立てたら幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました✨



コメント

タイトルとURLをコピーしました