10日でインスタ1万人が保存した!「明日から使えるキャンプ収納術」【トランクカーゴ編】

キャンプ収納のお悩み解決!

こんにちは!

収納大好きキャンパーのpamapampです。

突然ですが、皆さんキャンプ収納でこんな悩みってありませんか❓

  • 収納コンテナ、気付けばごちゃごちゃ
  • ギアや小物をどこに入れた忘れてしまって迷子に
  • 行きと帰りで同じ様に収納できない

我が家も以前はとりあえず積み込んでいる状態でしたが、こんな状況をどうにかしたい‼︎と考えたのが今回ご紹介する「かごを使ったキャンプ収納術」です✨

                                   

こちらの収納方法にすることによって、ギアの迷子や忘れ物もぐっと少なくなりました!

そして何よりスッキリしていて気持ちいい〜!

ちなみにこちらの収納術

2022年8月14日にインスタに投稿したところ、10日後の24日には約1万人の方に保存頂いています。

インスタでは文字数の関係で詳しく伝えられなかったので、今回はこちらのブログでキャンプ収納術を徹底解説させて頂きます!

ほんとに簡単にできるので、最後までお読みいただけると嬉しいです。

収納問題は「かご」で解決!

上記の問題を「かご」を使って解決していきます。

問題点①収納のごちゃつき

→かごの大きさを変えることで、自然とサイズが揃いギアをゾーン分け(合うものしか入らない)

ギアのサイズを合わせて収納するだけでほんとにすっきりしますよーー!

問題点②ギアの忘れ物、問題点③撤収時に同じように収納できない

→仕切られた中で収納するのでギアの住所が決まります。収納の定位置化をすることで、忘れ物がぐっと少なくなり、いつも同じ収納が可能になります。

収納術に用意するもの

  • トランクカーゴ50L
  • ニトリ 積み重ねできるバスケット(レギュラー) 1個
  • ニトリ 積み重ねできるバスケット(縦型ハーフ) 2個

実際に収納していきます!

STEP1 1つ目のかごをいれます(大きなギア用)

何も入れていないトランクカーゴ50Lです

STEP1 ニトリ積み重ねできるバスケット(レギュラー)を一つ配置します。

なるべく左側に寄せて、ニトリ積み重ねできるバスケット(レギュラー)を一つ配置します。ギアを入れやすいように持ち手はあげておいてください

STEP2 2つ目のかごをいれます(高さのあるギア①)

STEP2 ニトリ積み重ねできるバスケット(縦型ハーフ)を一つ配置。

右側の空いている場所に2つめのかご、積み重ねできるバスケット(縦型ハーフ)を一つ配置します。

STEP3 3つ目のかごをいれます(高さのあるギア②)

STEP3 ニトリ積み重ねできるバスケット(縦型ハーフ)の2個目を配置。

ここが若干きつめです(><)最後、グッと押し込んでください!

(注)コンテナにかごがぴたぴたなので、出し入れの際少しきつめです。かごを入れる際は、大きいかご→小さなかごの順に。かご(大)の縁にかご(小)を乗せるイメージで入れて下さい。

STEP4 大きめギアを収納

続いてお手持ちのキャンプギアをかごに入れていきます。

我が家は比較的大きなアイテムである鍋や食器を入れています。

STEP5 高さのあるギアを収納

だいたい同じタイミングで使うもの(鍋と食器等)をグルーピングしてまとめています。

これらをグルーピングすることにより、使う時だけ出す様な使い方も可能になります

長物を縦に収納することで、使いたい時にさっと取ることができてとても便利です。



キャンプ収納を美しく使いやすく

いかがだったでしょうか。キャンプの準備段階や撤収時も、ストレスなく、最後までキャンプを楽しめるお手伝いができたら幸いです。

他にもキャンプに役立つ「明日からできるキャンプアイデア」を投稿していますので、そちらも見ていただけたら幸いです。

↓今回使ったアイテム一覧

【hinataストア】

コメント

タイトルとURLをコピーしました